バイク、車、キャンプ、温泉、アウトドア関連の2chまとめです。大人の趣味を追求していきます。
オススメブログ更新情報
Headline

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自動車】HONDA  新型 ヴェゼル Part14【VEZEL】

[ 2013/12/06 16:11 ] HONDA | CM(8)

img_01.jpg




1: 名無しさん@そうだドライブへ行こう 2013/11/30 13:01:41 ID:wKpyAcLq0

2013年12月20日発売の、新型コンパクトクロスオーバーSUV、ヴェゼルのスレです。

■車名の由来
ヴェゼルとは、カットした宝石の小さな面「Bezel」と「Vehicle(クルマ)」を掛け合わせた造語。
宝石の輝きのように「多面的な魅力と価値を持つクルマ」の意味を込めた。

公式サイト
http://www.honda.co.jp/VEZEL/new/


スポンサーサイト

【自動車】ホンダの新型「NSX」は燃費・安定性重視 HV技術も導入へ[13/01/09]

[ 2013/01/12 17:10 ] HONDA | CM(27)
FY12_FV_NSX_HERO_04.jpg



1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/01/09(水) 10:50:50.65 ID:???

ホンダの伊東孝紳社長は8日までに、開発中のスポーツカー「NSX」について、
燃費や走行時の安定性を重視した車両として製品化する考えを明らかにした。
「パワー重視ではなく、重量とのバランスや効率性を追求していく」としている。

同社のクーペ「プレリュード」に搭載した四輪操舵システムを採用。
走行時の安定性や小回り性能が向上し、「操縦安定性が高まる」(伊東社長)と
いう。ハイブリッド車(HV)技術も取り入れる方針。

既にエンジンと高効率モーターを内蔵した新開発のHVシステムの搭載が
決まっており、2012年1月の米デトロイトモーターショーに、
アキュラ「NSXコンセプト」として出展した。

1990年発売の初代NSXは欧米の燃費・排ガス規制への対応が難しくなり、
2005年に生産を終えた。
復活する新モデルは15年までに米国で先行投入後、日本でも発売される見通し。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130109/bsa1301090801004-n1.htm
■2013 Acura | Future Vehicles - NSX | Acura.com
 http://www.acura.com/future/NSX#1


【HONDA】ホンダ  フィットシャトルについて語れ!!【車】

[ 2012/10/15 08:00 ] HONDA | CM(2)
FIT


1: 名無しさん@そうだドライブへ行こう 2012/09/03(月) 19:06:16.50 ID:qT89MpwS0

ここが新しい!Newフィットシャトルが出ました!
フィット派生ワゴン、フィットシャトルについて語りましょう

公式
http://www.honda.co.jp/FITSHUTTLE/new/

2012年06月25日
「フィット シャトル/フィット シャトル ハイブリッド」を一部改良し発売
http://www.honda.co.jp/news/2012/4120625-fitshuttle.html



【車】大ヒット確実!?ホンダN-ONEの車体価格は115万円!ターボ車でも123万円!

[ 2012/10/01 12:00 ] HONDA | CM(0)
ホンダN-ONE

5: ペルシャ(京都府) 2012/09/28(金) 21:08:50.19 ID:hv25mqGK0

BOXなら欲しい


【自動車】ホンダ シビック 新型にタイプR設定…ニュル最速FF目指し2015年登場へ

[ 2012/09/30 16:00 ] HONDA | CM(1)

シビック


1: 依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★ 2012/09/22(土) 21:29:42.68 ID:???

ホンダのコンパクトカー、『シビック』の頂点に立つ高性能グレード、「タイプR」。
欧州向けの新型シビックに、タイプRが設定されることが確定した。

これは9月21日、東京本社で記者会見したホンダの伊東孝紳社長が明らかにしたもの。
伊東社長は「欧州市場向けに、新たにシビック タイプRを開発し、顧客の期待に応えて
いきたい」と述べたのだ。

現時点で、新型シビック タイプRについて公表されているのは、欧州向けの新型シビック
をベースに開発し、2015年に発売目標ということのみ。ただし伊東社長は、「WTCC(世界
ツーリングカー選手権)の技術をフィードバックし、ニュルブルクリンクFF最速を目指す
」と公言しており、現行タイプRよりも、さらに高い次元のスポーツカーを目指すのは
間違いない。

ところで、ホンダは現行シビック タイプRを、日本市場に「タイプRユーロ」として
導入(2012年6月に販売終了)。次期タイプRが、日本市場に上陸するかどうかは明言
されておらず、ファンにとっては気になるところだろう。

ソース:レスポンス
http://response.jp/article/2012/09/21/181742.html




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。